部下にSM調教されています

■年下の部下に
わたしは4人の部下をもつ係長です。会社では、色々な仕事を兼任しながら部下と協力しあってプロジェクトを遂行しています。わたしの下に入ってくれている部下は、それぞれ個性が強い部下が多く、指導はとても大変で毎日のように頭を悩ませていましたが、徐々に仕事に慣れ始めてくれて、色々と頼りになるようになってきました。昨年末の忘年会では、大きなプロジェクトが完了したと言う事もあり、大体的に飲み会をしたのですが、わたしは連日の残業が続いていた事もあり、酔いが早くつぶれてしまいました。その際に介抱してくれたのが21歳の短大卒の部下でした。わたしが目を覚ました時には、タオルで両手、両足を縛られていて、裸の状態でした。 ■SM調教されています
彼女は裸になったわたしの写真を撮影し、もし言う事を聞かなかったら奥さんに写真を送ると脅してきました。わたしは混乱してしまっていたので、情けないのですが、彼女の要望を聞き、されるがままになりました。今思えば脅迫ですので直ぐに叱りつければ良かったのですが、お酒で酔っていた事や、普段は大人しく信頼していた部下が豹変したということ、女性が男性を襲っているという現実とは思えないようなシチュエーションに判断が遅れてしまったのです。彼女は、乳首を指でなでながら、いやらしい言葉でわたしを責めてきます。それまでノーマルなプレイをした事が無かったわたしは、とにかく興奮してしまって、痛いくらいに勃起してしまいました。フェラチオしてくださいを言わされたり、ゴムを付けずに騎乗位で挿入されて限界まで射精を我慢させられたりと、かなり最初から激しい調教になりましたが、今でも大切な思い出となっております。
■その後もSM調教は続き
昨年末に行われた調教は、今も不定期ながら続いております。彼女にも結婚を前提にお付き合いしている彼氏がいるらしく、わたしも家庭がありますので、それほど頻繁には出来ませんが、徐々にプレイ内容もハードになってきております。先日はアナルビーズをいれたり、浣腸をしたり、オムツを穿いたりなどアダルト動画でしか見ないようなマニアックなプレイを楽しんでおりました。今後は、彼女が結婚する前に辞めなければいけないと思ってはいるのですが、調教され、開発された身体はどんどんと敏感になって来ておりますので、辞められる自信がありません。